「錦市場」活性化へ向けた伝統と革新の追及 京都府京都市 京都錦市場商店街

「錦らしさ」・「錦ブランド」を次代へ継承発展させる「錦にぎわいプロジェクト」の推進。

京都錦市場商店街は、京都市のほぼ中心に位置し、日頃から生鮮や加工食品を販売する「京の台所」として多くの市民に親しまれてきた。

また食への関心が高まるなかで、同商店街は観光スポットとしても注目を集め、京野菜などの食材を使った料理を提供する店も増えてきている一方、異業種の出店や観光俗化による「錦らしさ」の喪失が危惧されている。

さらに最近京都市内はもとより首都圏など同商店街以外で「錦市場」を名乗った飲食店や商品が目立ち始めていることに危機感を抱いていた。

このような危機感から「錦市場」のブランド力を継承維持し、さらなる「錦市場」の繁栄を目指し「錦にぎわいプロジェクト」を発足させ、以下の事業を推進している。

(1)「錦市場」商標登録の取得
「錦市場」のブランドを適切に保護するため、平成16年4月に特許庁に商標登録を出願し、平成17年1月京都府内の商店街では初めて「錦市場」の商標登録を取得した。

(2)「錦流」文化創出イベントの実施
平成15年10月に若手デザイナーによる「出雲の阿国」をテーマにしたファッションショーを開催し、約700人の観客を集め新たな一面を見せるとともに、平成17年3月及び10月には京都市の姉妹都市フィレンツェ(イタリア)のサンロレンツォ市場から関係者を招き、ズッキーニの漬物などの販売、即席のワイン立ち飲みバーも開設し、食のイメージの広がりと奥行きのあるイベントを実施した。

(3)「錦らしさ」を追求するテナントミックス
食にこだわる「錦らしさ」に共感し、伝統を守り育てていこうとする経営理念をもつ出店希望者を募集しテナントバンクへ登録するとともに、空き店舗が発生した時、その家主にテナントミックスへの理解を求め、出店希望者に物件紹介や家主との面談・交渉を支援している。

若者から高齢者まで楽しめるまち 愛知県名古屋市 大須商店街連盟

電子マネー導入やAED(自動対外式除細動器)の設置などの取り組みに加え、手作りイベントの実施など、「ごった煮」的面白さにより恒常的な賑わいを創出。

商店街の概要
当該地区は大須観音の門前町で、東西約600メートル、南北約400メートルで囲まれた区域内にいくつもの道路が交差し、その主な通りには連坦性を持った8つの商店街が形成されている。アーケードタイプの商店街が主流で、個性的で多様な個店が集積した庶民的で広域的な商店街である。

8つの商店街には約400店舗、地区内全体では約1100店舗が集積し、あらゆる商品がそろっており、「ごった煮」的面白さがあるため恒常的な賑わいを呈している。また、若者から高齢者まで多種多様な来街者のニーズを満たすべく「大須ブランド」を構築しつつある。

商店街活性化への取り組み経緯
門前町としての大須は、商業の街として戦前まで大いに発展してきた。しかし、戦後、徐々に衰退の一途をたどり、名古屋市の中心地区である栄地区との間に若宮大通り(幅100メートルの道路)ができると「陸の孤島」化し、人通りの寂しい空き店舗ばかりの商店街と化した。

昭和50年に、この現状に危機感を抱いた地元商店街は大学の先生や専門家などと協力して「アクション大須」を実施し、この成功がきっかけとなり、昭和53年以降、「大須大道町人祭り」等の仕掛けを連続して行うとともに、これと前後して特徴ある大型店が出店してきたため、人通りが変わり、空き店舗が埋まっていった。大須観音に隣接してアーケードが設置されているため、参拝客が直接商店街を訪れることができる。

交流都市のアンテナショップ事業 東京都板橋区 ハッピーロード大山商店街

空き店舗を活用した交流都市のアンテナショップでの特産品販売により来街者が増加。

平成15年より、サマーセールやクリスマスセールにて実施していた岩手県物産展や知床物産展など全国のふるさと物産イベントが大盛況であったため、全国の特産品を集めたアンテナショップを商店街に誘致できないか検討していた。そんな中、板橋区が空き店舗を活用して、交流都市のアンテナショップ開設を計画していたため、すぐに事業実施を決定した。また開設にあたり、以前より商店街では、大型店やチェーン店の増加による業種構成の偏りを問題視しており、商店街自らがテナントコントロールをしていく必要性を感じていたため、そのモデルケースとして商店街がアンテナショップを運営することとなった。

従来の空き店舗対策や空き店舗活用事業は、商店街全体の活性化になかなか結びつきにくかったが、本事業は、顧客のニーズを的確にとらえ、商店街事業とうまく連携させて行なうことで、商店街全体の活性化につながる新たな空き店舗活用の取り組みである。

単なるショップとしての集客機能ではなく、商店街が運営することで、イベントや販促など様々な商店街事業とうまく連携することができ、個店(点)から商店街(面)へ展開することができた。特に市町村とタイアップした多彩なイベントを頻繁に開催できることが可能となり、ハッピーロードに行けば「何か新しいこと、おもしろいことをやっている」という新たな来街動機づけができつつある。マスコミに多く取り上げられたこともあり、1日約25,000人と例年横ばいであった商店街の通行量は、1日約28,000人とショップ開店後約3,000人近く増え、週末のイベント開催日には約30,000人の人出があるほど集客効果は絶大である。

街並み整備とイベント開催で商店街の再生 岐阜県岐阜市 玉宮通り商店街

商店主を中心とした地域住民がまちづくり組織を結成し、まちづくり協定の締結と街並み整備の推進、オープンカフェ等の実験的なイベントを開催。

・ 急激な人口減少と商店街衰退によって駅周辺地域から柳ヶ瀬地域を中心とする都心部が空洞化した。

・ かつてはいわゆる駅前通りとして賑わった南北約300メートル(幅員約6メートル)の玉宮通り商店街も、来訪者の減少が著しく、街の再生に向け、地権者とテナントから成るまちづくり協議会を新たに結成した後、ハード・ソフト両面から様々なまちづくりを展開した。

・ 行政側も、総合計画における活性化策の一つとして、両地区の間に位置する玉宮通りを、主要な歩行者動線軸として位置付けるとともに、歩行者優先のショッピングモールの形成により、都心部全体の回遊性の促進と賑わい再生を目指して、支援を行った。

(1)まちづくり協定の締結と街並み整備の推進
・まちづくり協定の締結(街並み整備のルール化)による個性的な景観を有する商店街の創出(1.5メートルのセットバック、半地下建物の奨励等)

・事前協議システムによる協定遵守の担保(確認申請提出前の協議)

・整備費用助成による事業の推進(市によるセットバック空地整備補助)

(2)新しい社会実験の開催による新しいまちづくりの展開
・オープンカフェ社会実験(平成16)の先駆的試みによるモール化の促進とまち情報の発信

・落書きクリーンアップキャンペーンの実施(平成17)

(3)定期的なイベントの開催と販売促進活動の展開
・賑わい再生のまちづくり活動の一環として定期的なイベントを開催

「昼」と「夜」の顔をもつ商店街のまちづくり 石川県金沢市 片町商店街

コミュニティ基地「Kanazawa Bizcafe」の設置、光ファイバーによる商店街のネットワーク化と、多彩なイベント・地域一丸となった活動。

加賀藩前田家の城下町としての歴史を持つ金沢市の中心に位置する片町商店街は、国道沿い大通りに面し、加賀藩時代の老舗から、最新トレンドショップや夜の繁華街が一同に軒を連ねる古く歴史ある商店街である。

古き良き伝統を育みつつ、近年は「情報発信のまちづくり」をテーマとして、活性化の取り組みを行なっている。テレビやフリーペーパー、携帯を駆使したイベント等、店からお得な情報を投げて顧客を呼び寄せるしくみを考案し、取り組んでいる。また、片町・香林坊地区の5商店街でイベント等を開催するなど、5商店街が一丸となる事で、より話題性・参加性を呼び、広く来街を図り、各町の魅力の再発見を促している。

イベントのスゴロクゲームでは、毎年平均1,000名の参加者を募って実施しており、新聞、TV等の取材が多く、注目度が高い。また、テレビ特番では、視聴者プレゼントで838人の応募があった。

さらに、映画鑑賞会では、出演者等のトークショーを行い、観客動員153人もあり、会場が満席となり大好評を得た。

5タウンズの活動においても、ストリートダンスコンテストに全国から出場者が集結し話題性を集めた。

宇都宮の原宿と呼ばれるようになった宇都宮ユニオン通り商店街

栃木県宇都宮市の宇都宮ユニオン通り商店街は、地理的に学生が多く賑わう商店街なのです。

宇都宮ユニオン通り商店街周辺には、6つの高校と1つの専門学校があり、文教地区と言える場所なのです。

そのために、徒歩や自転車による人通りは全国的にも珍しいほどで、商店街ではこの状況をうまく掴んで「宇都宮の原宿」と位置づけています。
ネーミングとしての「宇都宮の原宿」ではなく、実際に古着、シルバー、靴などのファッション系から始まって理美容室やカフェがおしゃれな個性を発揮させているのです。

当初は地元の高校生や専門学校生をターゲットにしていました、人が集まるところにはさらに人は集まると言われるように、栃木県内だけでなく、茨城県や群馬県からもショッピングに来るほどにまで成長しているのです。

「宇都宮の原宿」として成功した宇都宮ユニオン通り商店街では、さらなる発展を目指して、ネット通販に興味のある人を集めてIT事業にも取り組んでいます。
これは、宇都宮ユニオン通り商店街の人だけでなく、テナントとして出店したい人にも参加してもらって、お互いに協力しあいながら、斬新なアイデアを出し合って、次へのステップにしようとしているのです。

個店の売上アップを考えてイベントを行っている盛岡市肴町商店街

岩手県盛岡市の盛岡市肴町(さかなちょう)商店街では、売上の減少に歯止めをかけようとして個店の魅力を増大させて、さらに商店街を活性化させようとしています。

多くの商店街活性化では、商店街の活性化を一生懸命に考えて取り組んでいますが、盛岡市肴町商店街では個店の売上増加を主眼においている点が非常にユニークなのではないでしょうか。

実際に、個店の売上増加を目的とした場合には、なかなか売上実績を公表しないので、イベントの評価が難しい部分もあります。そこで盛岡市肴町商店街では商店街独自の会員20万人もいるJOYカードを導入して個店の売上を把握するようにしています。

実際に盛岡市肴町商店街が行っている事業は、肴町ワゴンセールから始まって肴町ほっとイベント〜ゴーゴーキッズ、肴町春まつり、肴町ゴールデンウィークフェスティバル、4S会ゴーゴーキッズ子供フェスティバル、肴町チャグチャグ馬コ祭り、肴町夏まつり、盛岡七夕祭り、夜の八幡参り、盛岡フラッグアート展、動物いのちの会岩手による「犬猫の譲渡会」、キッズマート、肴町・ジョイ・中三合同大えびすセール、「肴町らっぱ隊」によるクリスマスパレード、肴町初売りイベント、肴町節分祭、肴町ほっとイベント(キッズクラブ卒業式〜卒業証書授与等)などと多彩ですが、個店の売上アップに貢献するような仕組みを考えているのです。

外から見ただけでは、他の商店街のイベントと変わり映えしないように見えますが、ワゴンセールでは間違いなく個店の売上アップを狙っているのですね。

お客さんに喜んでもらえた上で、個店の売上アップに繋がるイベント開催は当然のことでしょうが、多くの商店街ではイベント倒れに終わっているのではないでしょうか。盛岡市肴町商店街は参考にすべきことが数多くあると思います。

携帯電話サイトで新鮮な情報を発信している宮城県仙台市内の6商店街

宮城県仙台市内の6商店街(一番町一番街商店街、一番町四丁目商店街、おおまち商店街、クリスロード商店街、サンモール一番町商店街、名掛丁商店街)が合同で商店街の活性化に取り組んでいます。

なんと店舗数は530店にもなっているのです。

この6つの商店街の取り組み特筆できることは、携帯電話に対応させた情報発信です。今では中高校生のほとんどが持っているといわれる携帯電話ですが、商店街活性化の取り組み携帯電話を意識しているところはまだまだ少ないようですね。

パソコンではホームページを作成して情報発信を行っているところは結構多くありますが、携帯電話を活用して、しかも成功しているのはこの仙台6商店街と言っても過言ではないでしょうね。

QRコードを使って、平成17年からインターネットサイトである「街NAVI」を運営しています。開設以来月間5000超のアクセスがあるのですから、かなりなものといえるのではないでしょうか。

新鮮な情報を常に発信している背景には、宮城沖地震に対する防災情報や避難場所に対する適切な情報が欲しいという宮城県民の要望もあったようです。

商売を、お金の売上や利益だけで判断するのではなく、お客さんが欲しがっている情報を発信するという基本的なことを忘れていない姿勢には感服しますね。

撤退した大型量販店の跡地で年間70回の祭事を行う山形市七日町商店街

山形県山形市の七日町(なのかまち)商店街では、撤退した大型量販店の跡地を利用して、商店街の衰退を止めるとともに、商店街活性化の事業を行っています。

商店街活性化の事業は半端ではなく、定例になっている毎週の事業から始まって、定例の毎月の活性化事業などなどを年間70回も行っているのですね。

多くの商店街でも活性化のために事業やイベントを行っているでしょうが、1年に数回というのが実情ではないでしょうか。

そこには山形市の七日町(なのかまち)商店街の仕掛けがあるようです。

毎週金曜日には市内近郊の農家を中心に毎回26組の出店する「ほっとなる朝採り金曜市」があります。その日の朝に採れた野菜が中心に、自分達で作った漬物や惣菜も販売。さらに毎月第3金曜日には牛肉も販売も行っています。

毎月第3日曜日にはアマチュアバンド4組による「LIVE STAGE SEVEN」 が。

さらに
「ほっとなるフリーマーケット 」は、毎月第4日曜日に12組の参加で実施していて、平成5年から続く人気イベント。

「ほっとなるナイトバザール」は、毎年7月と12月の第2土曜日に開催する夜間営業促進のための一大イベント。

「老舗料亭鍋祭り」は、毎年2月第1日曜日に市内老舗3料亭との連携により老舗特製の鍋料理販売。

「新春初売りつきたて餅振舞い」は、毎年1月2日に地元民俗芸能伝承団体との連携により「出羽餅つき道」の演舞と振舞い。

「キッズイベント」は、第2日曜日を中心に子供向け参加型イベントを実施。

「モンパルナス広場」は、毎年5月5日に七日町大通りで、はたらく車大集合のイベントがあり、それに合わせ地元芸術系大学生との連携により子供似顔絵コーナーを設置。

七日町(なのかまち)商店街では、地域や大学生などにも応援をしてもらって、これだけの事業を行っているのです。

街かど美術館で経営者の考え方を変えた岩手県花巻市東和町土沢商店街

岩手県花巻市東和町(人口1万人)の77店舗が存在する中心商店街である土沢商店街では、近隣にある萬鉄五郎(よろず・てつごろう)美術館には多くの人が訪れているが、土沢商店街は素通りされるという問題に直面していました。

景気の良いときには、あまり深く取り組んでいませんでしたが、景気の悪化で、何とか美術館へ訪れる人を商店街に呼び込む方法はあにものかと模索をして、平成17年から「街かど美術館」を開催しています。

秋の1ケ月間、商店の店頭や空き地を使って萬鉄五郎の作品だけでなく、様々な絵画をはじめ彫塑、ポスターやイラストなども展示するようにしています。

77店舗のうち、展示が出来ないお店を除いてはほとんどが参加していて、美術作品の作家の数としては平成18年には207名にものぼっていて、商店街に訪れたひとが15,000人と、人口1万人の町としては大成功ではあにでしょうか。

では街かど美術館と個店との売上の関連性はどのようになっているのかといえば、理美容室のようなサービス業では波及効果がないようですが、飲食業や小売業では売上が1.5倍から3倍にも増加したというデータがあります。

さらなる効果として、街かど美術館が開催sれていない時期であっても商店主の考え方が変わってきていることが、あげられますね。

店頭を美しく飾ることが日常的に行われたり、街かど美術館へ展示する作家との交流が商店街で次々と始まっているのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。