年間20店舗出店と全国展開を加速するリサイクル古着店「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」

長引く不況の影響で消費が落ち込みをみせるなか、年間20店舗出店と全国展開を加速するリサイクル古着店「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」。勢いに乗る同店のユニークな販売・買い取り方法、そして今後の展望に迫った。


毎週水曜日。東京都・東大和市にあるリサイクル古着店「ドンドンダウン オン ウェンズデイ(以下ドンドンダウン)」の前には開店前から行列ができる。お客さんの目当ては、「逆オークション」と呼ばれる販売手法により、毎週水曜日に1000円値下がりしたリサイクル古着だ。ドンドンダウンでは、3000円だった商品が水曜日には2000円、さらに次の水曜日には1000円になり、最終的には100円と値下がりし続ける。「古着はすべてが一点モノですから、次の水曜日を待って安く買うか、その前に誰かに取られてしまうかという駆け引きがあるんです。お客さまにそんなドキドキワクワク感を味わっていただきたいと思っています」。そう語るのは全国に26店舗展開するドンドンダウンを運営する株式会社ヘイプの岡本昭史社長。同店は2010年3月までに40店舗に拡大する見込みだという。

逆オークション式の販売方法だけではなく、買い取りの仕組みもユニークだ。お客さまが持ち込んだ洋服は、下着類を除き、穴が開いていても破れていても、何でも買い取るという。「買い取りを断られるかも・・・という不安があると、持って行く気がなえますよね。私たちにとっては重要な商品ですから、お客さまにできるだけ気軽に売りに来ていただきたい。そして、買い取りを目的に来店いただいた方に店内を見てもらい、“古着って安くておしゃれなんだ”と古着に対する認識を改めていただくきっかけにしたいんです」と岡本社長。さらに、毎週月・木曜日は買い取り額を1.5倍(同店基準で1kgあたり500円査定の商品が対象)とし、水曜や週末以外の集客にも成功。月曜や木曜には1日100件以上の買い取りが集まることも珍しくないという。また「水曜日は販売に集中、月・木曜日は買い取りに力を入れる」というように店舗スタッフの働き方にもメリハリが生まれているそうだ。

編集後記
図解でわかる人気のヒミツ
「いまどき」古着屋を開くには?実例&改行情報が満載。

はじめての古着屋オープンbook

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。