大卒内定率、最低の57.6%=「就職氷河期」下回る―10月1日時点

文部科学、厚生労働両省は16日、来春卒業予定の大学生の就職内定率(10月1日時点)を発表した。内定率は前年より4.9ポイント低い57.6%で、「就職氷河期」と言われた2003年の60.2%を下回り、調査を開始した1996年以降で最悪の就職戦線となっている。急激な円高で景気の先行きに懸念が強まり、企業が採用を抑制しているためだ。
 
中小を中心にこれから採用を進める企業もあり、内定率は例年、年度末に向け上昇する。ただ、企業の経営環境が厳しさを増す中、どこまで伸びるかは不透明だ。
 
理系の内定率は前年比10.2ポイント低下の58.3%で、下げ幅は過去最大だった。文系は3.8ポイント低い57.4%。男女別では男子が59.5%、女子は55.3%で、それぞれ前年を3.8ポイント、6.3ポイント下回った。
 
学校種別では、国公立が63.2%と8.1ポイントの大幅悪化。私立は3.8ポイント低い55.8%だった。

編集後記
できないことは
やめようと。

 斎藤一人著『変な人の書いたツイてる話』64頁 

すべてがひらがなで書かれた非常にシンプルな言葉ですが奥は深いようですね。「できないこと」はあなたにとって何であるかを見極める能力が必要になってきます。

能力と言っても特殊なものではなく、あなたにとっての考え方やものの見方だけのことですよ。何ができないことであるかを見つけ出すと同時に、何が出来ることであるかを見つける必要がありますね。

そして、「できることを、続けよう。」というスタンスになってくるのではないでしょうか。もし幸せになることが出来ないと思った場合に、「やめようと」という考え方や答えがは出てくるのでしょうか。

私は「幸せになることをやめよう」という考え方や答えは出さないと思いますね。恐らく何とかして「幸せになる方法」を探そうと一生懸命になるなずです。

実はそれで良いのですね。なかなか幸せになれないと思っていても「できないこと」ではないと思えば良いのですね。そして幸せになれる「できること」を探すのです。

紙に自分が出来ることを全て書き出してみませんか。きっとあなたが幸せになれる素敵で楽しい方法がみつかるはずです。

もし見つけ出すことが出来なったとしても、自分を分析したことはきっと役に立つはずです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。