2010年10月31日の倒産状況

2010年10月31日の倒産状況です。

東京都文京区で検査・試験機器販売の潟宴{(代表者:杉田早苗)と鰍「のこ家(代表者:杉田一憲 )が倒産しました。事業を停止し、自己破産申請の準備を行っています。負債総額は調査中です。時の政権により、研究予算が大幅にカットされ、潟宴{の売上高も不振に陥っていた。
東京都文京区にある関連の鰍「のこ家は、六本木と新宿でSPF豚の専門料理店「いのこ家」を経営していたが閉鎖されている。潟宴{から鰍「のこ家への資金流出も考えられる。

静岡県静岡市で電気工事業の鞄興電機工業所(代表者:藤田満)が倒産しました。破産手続の申請を行っています。負債総額は7億8300万円です。 設備投資減少、伴っての競合激化等から売上高は漸減、21年期の売上高は約8億6,300万円に停滞。借入金に依存する運営が続く中、足下の経営環境はさらに厳しくこれ以上の事業継続も困難となった模様。

大阪府大阪市中央区で医療システムを主体とした開発・販売の潟Aシック(代表清算人:牧山哲見)が倒産しました。特別清算の開始が決定しています。負債総額は調査中です。08年大型電子カルテ事業で失敗して大赤字になり、このたび事業を分割して潟Aシックを清算するもの。負債先は、シップヘルスケアホールディングスの子会社のみ。

福岡県福岡市中央区で流通業の鰍ニうばた(代表者:東端清)と鞄健[商会が倒産しました。自己破産を申請する予定です。負債総額は2社合計で7億円です。 豆類などの高騰を受け採算悪化。そうした矢先、法人登記をめぐって出資会社の食品会社とトラブルになり、同社からの仕入ができなくなり、今回の事態に至った。関連の鞄健[商会は資産管理会社で同社も自己破産の予定である。鞄健[商会の負債額は約1億円が見込まれている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。