売れすぎ「アサヒダブルゼロ」 年間販売数量を上方修正

アサヒビールは23日、ノンアルコールのビール風味飲料「アサヒダブルゼロ」の12月末までの年間販売数量を当初目標の80万ケース(1ケース=大瓶20本換算)から5割増の120万箱に上方修正すると発表した。今月3日に発売を開始したが、発売から約2週間で販売数量が30万箱を突破したため。



アサヒダブルゼロ」は「アルコール分0.00%」に加え、カロリーゼロを実現した。盆の帰省や行楽による需要が予想以上に伸びた。

ビール風味飲料市場は、アルコール0.00%商品を中心に急速に伸長しており、サントリー酒類では、今月3日に新発売した「オールフリー」の生産が追いつかず、販売を一時休止した。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。