2010年6月2日の倒産状況

2010年6月2日の倒産状況です。

千葉県松戸市で建築設計業者の潟Eィズスタッフ(代表者:大塚慶二)が倒産しました。事業を停止し、事後処理は弁護士に一任しています。負債総額は6億円です。

東京都渋谷区に本拠を置く証券会社「アヴァロン湘南証券」は、5月28日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。2009年3月期末時点の負債総額は約9億7700万円。

東京都港区で東証1部上場の大和システム鰍ェ倒産しました。事業再生ADRの申請を行っています。負債総額は調査中です。
東証1部上場の大和システム鰍ヘ6月1日、法務省及び経済産業省より認定を受けている事業再生実務家協会に対して事業再生ADR手続にかかる正式な利用申請を行い、同日受理されたと発表した。

長野県松本市に本拠を置くビル賃貸・運営管理の「野口保全会」は、5月31日付で長野地方裁判所・松本支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債総額は約17億4300万円。

岐阜県大野町で鋼構造物工事会社の森脇工業が倒産しました。破産手続き準備に入っています。負債総額は5億5,400万円です。原材料費高騰で利益が上がらず、3億円近い借金が経営を圧迫。最近は工事の受注も減り、手形が決済できなかった。

京都市に本拠を置く電気通信設備の設計・工事「東協エンジニアリング」は、5月31日付で京都地方裁判所へ民事再生法の適用を申請し倒産したことが明らかになりました。負債総額は約7億円。

広島県東広島市の管工事「西井設備」は、5月31日付で事業を停止、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。2009年7月期時点の負債総額は約8億4000万円の見通し。

起業と倒産の失敗学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。