店・街情報を生放送 〜ハッピーロード大山商店街振興組合〜

板橋区のハッピーロード大山商店街振興組合による実況生放送は、平成20年末より毎週金曜日夕方に約30分間放映しているもの。今回の放送では、22-24日に商店街イベント広場を会場に実施された、長野県飯山市の協力による地方物産販売イベントを生中継。駅前や商店街事務所前、地方物産拠点「とれたて村」店内、イベント広場など商店街4カ所のコミュニティ・ボードを通じて、たくさんの地元買い物客へとリアルタイムに情報発信した。
 
「ハローTV」では、こうしたイベントの生中継に加えて、各店頭を中継カメラが回っての特売や逸品紹介、通り沿いに特設スタジオを設けてのインタビュー風景なども放映。一方で、生中継時間帯以外の毎日午前8時半-午後8時には、事前に収録・編集した商店街情報番組や区民ニュース、個店コマーシャルなどを放映している。

「ハローTV」開設に合わせて今回導入されたのは、50インチのモニター4台と、商店街事務所のデータ受発信用サーバー。同サーバーで編集・発信された映像データや、生中継カメラから送られてきた映像データは、アーケード沿い7基のアンテナを介して、4台のモニター画面へと発信・放映される。今回は同時に商店街ホームページも刷新しており、生中継映像をウェブ上でも同時放映する機能の付加や、店情報の充実も図っている。
 
今回は「コミュニティ・ボード設置事業」として、都の新・元気を出せ!商店街事業で、総事業費約1,000万円を都と区が3分の1ずつ補助している。
 
今後は、個店の情報発信ツールとしての有効活用も強化する。現在モデル的に5店舗が個店のコマーシャル番組枠を購入しており、約5分間のコマーシャルを1日5、6回ほど放送。さらに、今後は地元企業の広告ニーズも取り込んで、コミュニティ・ボードを活用した広告収益ビジネス化も検討していく。
 
また、各コミュニティ・ボード設置場所を巡るスタンプラリーイベントや、商店街ホームページとの連動企画など、画面前で消費者を「立ち止まらせる」仕掛けづくりも凝らしていく。最先端のIT技術を駆使して情報発信力を強化することで、商店街全体の集客力強化や回遊性向上につなげていく。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。