マンション分譲で倒産する会社とマンション賃貸で成功する会社の差は?

マンション分譲で倒産する会社とマンション賃貸で成功する会社の差は?

2010年4月12日の倒産状況ですが、東京都渋谷区でマンション分譲を行っていた潟pルスクリエイト が40億円の負債で倒産しました。平成19年には45億円の売上がありましたが、景気の悪化で売上が激減して、借入金の負担に耐えられなくなったものです。

マンション分譲ではありませんが、マンションの賃貸で成功している景気の良い話がありますね。

これは、学生をターゲットに絞って食事つきのマンションを賃貸している東京都千代田区の毎日コムネットが行っている事業です。地方から東京に出てきた学生が早速困る問題として食事がありますね。

外食すれば経済的に苦しくなりますし、栄養面でも偏った食事なってしまう可能性が高いでしょう。だからと言って自炊するにはそれなりの時間と調理道具、さらに料理をするだけの腕が必要になってきます。

自宅で炊事するのとは違って、どのように作れば良いかを聞く相手がいないことが一番の問題ではないでしょうか。そこで毎日コムネットでは食事つきのマンションを斡旋しているのです。その数は、6475戸ですから半端ではないですよね。

しかも、5年連続で入居率が100%というから驚きではないでしょうか。ビジネスとは困っている人の、問題解決をしてあげることが最も大切なことなのだと教えられた4月12日でした。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。