倒産による影響で破綻の危機に瀕している北海道エアシステムと昭和鉄工

北海道が出資している北海道エアシステムでは5期連続で赤字になっていて、このままでは北海道に多額の損失が発生する可能性が出てことが判明したようです。
税金を使って北海道エアシステムを作る必要があったのかもう一度検証して欲しいですね。
北海道エアシステムは、日本航空と北海道の共同出資によって1998年3月に函館空港を拠点に、函館‐旭川空港・釧路空港の路線で就航開始された。

しかし、日本航空の経営悪化によって北海道エアシステムからの経営撤退を2009年11月に表明しています。ただし、経営からは撤退するが運行については継続する方針です。

一方、宮崎県宮崎市では粥コ脇組、且u多組やジャストジャパン鰍フ倒産によって多額の不良債権を抱え込んで、倒産した企業があります。
昭和鉄工鰍ニいうHグレード工場の認定を受け、最盛期には売上高67億円をけいじょうしていましたが、取引先の倒産によって数億円が回収できずに倒産してしまったのです。
昭和鉄工鰍ノは本当に気の毒としかいいようがありませんが、取引先の選定も非常に大切ですし、取引条件の見直しも考える必要があるのではないでしょうか。

それにしても、北海道の北海道エアシステムは経営感覚がおかしいとしか言いようないですね。赤字の垂れ流しをしている理由を明確にする必要があるでしょうね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。