2010年3月7日の主な倒産状況

2010年3月7日の主な倒産状況です。

愛知県豊川市で建設工事を行っていた挙c辺建設が自己破産をしています。負債総額は8億円です。挙c辺建設は神社仏閣建築では定評がり、宮大工を擁していただけあって住宅建築においても評判のよい会社でした。しかし、景気の悪化とともに受注が減少しての倒産です。


福岡県福岡市博多区で四駆バギーの販売を行っていた潟Wェイエーピーが自己破産しています。負債総額は3億円です。倒産の要因は四駆バギーの人気がなくなったためです。
時代の流れに取り残されたともいえるのではないでしょうか。

福岡県宮若市で貸切バスの経営を行っていた泣eクノ観光バスが自己破産しています。泣eクノ観光バスでは貸切りバスだけでなく、住民の足としての宮田町乗合バスの運行も行っていましたが、ガソリンの高騰や、景気の悪化による貸切りバスの利用が減少したことが大きく影響しているようです。


長崎県佐世保市でうどん店を経営していた汲艪スかが破産しています。負債総額は2億円です。汲艪スかは店舗展開を行っていたのですが、大牟田への出店失敗が資金繰りを悪化させたようです。経営が順調なときの設備投資には注意が必要ですね。

沖縄県那覇市で建築工事を行っていた渇ォ縄都来産業が事業を停止しています。負債総額は3億円です。建設業界の不況による受注減少での倒産です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。