次々と支店を開設してまたたく間に倒産した且O浦組

私から見ますと悲惨な倒産が発生したように思えるもの起こりました。東京都台東区で解体工事業を行っていた且O浦組の倒産です。

平成13年に創業した且O浦組は解体工事を行う業者ですが、近年問題になったアスベストの除去やダイオキシンの除去に優秀な技術を持っていて、比較的安定した受注があり、平成19年には20億円以上の売上がありました。

アスベストやダイオキシンの除去に強みを持っているので、全国展開すればさらに売上を増やすことが出来ると考えたのでしょうね。関東近県に支店を設置しこちらも順調に経緯していました。

そこで、関東以外の宮城、福岡・沖縄にも支店を設置したのです。もちろん多くが借入金によっての支店の設置あったようです。

ところが、2008年秋からの景気の悪化によって、建設業界が不況に陥り2008年の売上は10億円にまで激減したのです。且O浦組では急遽リストラ策として人員の削減や支店の閉鎖を行いましたが、金融機関からの借入が多すぎたために倒産してしまったのです。

負債総額は5億7,000万円と報道されています。少し調子が良くなると、もっと売上を増やそう、利益を増やそうとするのは「男の性」かもしれませんが、やはり経営は継続させることが一番大切なのではあにでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。