福島県会津若松市の中合会津店が閉店しました!

寂しいニュースがまた入ってきました。福島県会津若松市で会津地方唯一の百貨店であった中合会津店が2010年2月28日で閉店されたとのことです。

中合会津店は1963年(昭和38年)に会津デパートとして会津若松市の中心商店街である神明通りにオープンし、1993年(平成5年)に現在の中合会津店に名称を変更していました。

中合会津店の閉店の理由は建物の老朽化と、郊外に大型量販店が出店したために、売上が減少し、1992年(平成4年)には50億円の売上があったのですが、2008年には半分にまで落ち込んでいました。

今後の中合会津店はカタログ販売を行う会社として商店街のビルで行う予定です。しかし、82名いた従業員のうち12名は異動によって仕事は確保されるようですが、その他の従業員は仕事を失うことになるそうです。

時代の流れで、デパートという業態が消費者から避けられていることはよく理解でします。まずは駐車場の問題で、郊外型の大型量販店では無料の駐車場を十二分に確保していますが、中心商店街にあるデパートでは、有料の駐車場を探して車を止める必要があるのですね。

今後は、デパートも様々な対応策をとってくるでしょうが、駐車場の問題は経費がかかるのでどのように対応できるか非常に疑問を持つとともに、期待をしている部分もあるのが本音ですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。