ファーストフード店がシンプルからおしゃれなに変身で売上アップ

ファーストフード店がシンプルからおしゃれなに変身

ファーストフードのファーストキッチンでは、「おしゃれ」をメインコンセプトにしてリニューアルさせています。

3月1日にリニューアルオープンさせる新宿南口店では、若い女性に喜んでもらるようにと内装を白と木目で統一させています。

内装だけでなく、メニューもできるだけ若い女性が「おしゃれ」を感じてもらえるように、バーガーのメニューも増やし、時間帯によってはコーヒーのメニューも増やす工夫がされています。

若い女性をターゲットにすることは、経営の鉄則でしょうね。若い女性が集まると、自然に男性が集まり、次第に年齢層が広がっていくことは昔から言われていたことです。

ファーストキッチンでは、すでに5店舗の内装やメニューを「おしゃれ」をコンセプトにして改装していますが、売上が伸びているようです。それも若干ではなく、あるお店では30%の売上アップになっているというのですから驚きですね。

外食産業が不況だと言われている中で、「おしゃれ」をコンセプトにして内装やメニューを改善しているところは少ないのではないでしょうか。

吉野家やすき家などでは、まだまだ低価格だけを訴求しるように思えますね。今後のファーストキッチンには注目してみてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。