滑`木設計のちょっと首を傾げるような倒産

ちょっと首を傾げるような倒産が起きています。 愛知県刈谷市で建築設計を行っていた滑`木設計が10億円の負債を抱えての倒産です。事後処理については弁護士一に任しています。

滑`木設計では、愛知県だけでなく、東京、大阪、福岡、長崎に設計事務所の営業所を設けて活動し、大規模商業施設やマンションの設計・施工を中心に事業を展開していたようです。

いくら、事業所を本社を含めて5ケ所に設置したところで、設計事務所であればそれほどの費用が必要だと思えません。在庫を抱えるわけではなく、事務所に多額の内装を行うわけでもないと思われ、机と電話・FAXや一通りの設計に関する事務用品などがあれば良いのですから、どのように考えても10億円の負債を作る理由が浮かんできませんね。

一応、平成20年3月期には約9億6,000万円を売り上げがあったようですが、その後は景気の悪化によって平成21年には8億9,000万円にまで落ち込んでいたようです。

この売上が落ち込んだときに、何とかしようと思って外食産業に手を広げたようですが、本来の仕事が順調でないときに何かを行っても上手くいくことはほとんどありません。

よく、設計事務所に10億円もの負債が出来たものだと寒心している倒産でした。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。