エクステリア製品の製造販売を行っていた沼田金属工業鰍ェ2度目の倒産

建築業界の不況が沼田金属工業鰍ノも襲ってきましたね。神奈川県横浜市西区で大手ゼネコン等を得意先として、エクステリア製品、土木関連商品等の製造販売を手がけ平成8年には78億円の売上をあげていました。

一度目の倒産
しかし、過大な設備投資を行って苦しい資金繰りを行い平成12年に80億円の負債を抱えて倒産したのです。このときは、民事再生を申請して、再び事業を行っていたのです。

二度目の倒産
一度目の倒産を肝に銘じて規模を縮小して堅実な経営を行い、20億円程度の売上を維持していたのですが、景気の悪化に伴い建築業界も不況に見舞われ、受注が減少して、売上が14億円にまで減少したのです。

またまた、資金繰りに困窮して二度目の倒産となったものです。

資金繰りを考えるときに、基準として欲しいものとしては、損益分岐点という考え方があります。常に売上が半分になっても赤字にならないような利益を確保できるようにしてください。損益分岐点ギリギリの経営をなされている場合には、利益の出し方、主力商品の見直し等をもう一度行いましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。